受験生のためにはどんな食事を与えるべきか

   

2235
受験シーズン到来で、受験を控えた学生さんは今が踏ん張り時です。
本人はもちろんですが、受験シーズンはお父さん、お母さんにとっても正念場になります。
特にお子様の毎日を支える食事を作っているお母さんにとって、受験シーズンは普段以上に気を配るものではないでしょうか。

風邪やインフルエンザが流行するシーズンと重なるということもあって健康管理はとても大切です。
受験本番はもちろんですが、それまでの間も体調を万全に整えてあげることが合格への秘訣にもなってくると思います。

基本は栄養バランスの整った食事を作ってあげることですね。

よく勘違いされるのですが、栄養豊富だといわれるひとつの食材だけをたくさん食べることはバランスの整った食事とはちょっと違います。
栄養豊富な食材をできるだけ複数使用して献立を考えてあげることがとても大事です。

たとえば野菜や大豆には学生さんに欠かせな大切な栄養素がたっぷり含まれていますが、毎日野菜と大豆製品だけではバランスは偏ってしまいます。
野菜も大豆製品も、肉も魚も、そしてエネルギー源となる炭水化物も程よいバランスで食べることが健康的に生活する基礎となってきます。

それから受験勉強となると、やはり夜寝る時間が遅くなることも多いかと思います。
睡眠不足は体には決して良いことではないのですが、そうも言っていられないのがこの受験シーズン。
多少睡眠不足でも食事で体も健康を保っていればダメージを受けずに元気でいられるかもしれません。

疲れたときにはやっぱり肉が良いですね。
肉には牛や豚、鶏などがありますが、それぞれに体にとって欠かせない成分が含まれています。
牛肉には鉄分やミネラルが多く含まれていて深夜まで勉強を頑張る学生さんをサポートしてくれます。
また肉はスタミナをつけるためにもとても良く、しっかりと体力をつけさせてあげることで毎日の勉強疲れを癒してくれると思います。

ただ気を付けてほしいのは深夜にカロリーの高い肉類をたくさん食べてしまうのは逆効果です。
寝る前に脂っこい料理を食べてしまえば、大人と同じように学生さんでも翌朝胃がもたれてしまいます。
どうしても深夜にお腹がすいてしまった場合には、消化の良いメニューを考えてあげてくださいね。

受験生を支えるお父さん、お母さん、一緒に勉強をすることは難しいですが美味しい料理で頑張っているお子さんを応援してあげてください。
そしてお子さんが笑顔で合格発表の日を迎えられるように支えていきましょう。

 - たわら屋ブログ