食事は見栄えの良さも大切

   

han38
食事をするときに、味が最も大切なのはわかります。もちろん、栄養価も大切です。
でも、もうひとつ忘れてはいけない問題があります。それが、食事の見た目です。
見た目だけ良くても困りますが、見た目の良いものはおいしく見え、食欲がわくものです。

たとえば、同じ栄養価で同じ味付けの料理があるとしたらどうでしょうか。
全員が見た目の良いものを選ぶはずです。食事は、舌でだけ味わうものではありません。なんておいしそうなのだろう、と目で味わうことも重要なのです。
飲食店で、見た目が良いメニューが話題になったり飛ぶように注文が入ったりするのは、道理なのです。

実際に、おいしそうな見た目をした食事は、満足度も高くなります。
反対に、ぞんざいな盛り付けだったり、いまひとつおいしそうに見えなかったりする食事は、満足度が大きく下がります。
食事の満足度が低いと、イライラしたり間食が増えたりします。すると、肥満になる原因にもなりかねません。

では、見た目の良い食事とはどういうものなのでしょう。
まずは、色のバランスですね。
人は、赤・緑・黄色・白・茶色などがバランスよく入っていると、とてもおいしそうと感じることができます。
ただし、あまりにキツイ色合いはダメです。自然な色合いで、色のバランスが取れていればそれだけでもおいしそうに見えます。
色のバランスが良い食事は、栄養バランスも良いという点もメリットと言えますね。

次に、盛り付けも大切な要素となります。
ぞんざいに盛り付けられたものや、適当な器を使ってあるものは、見た目が悪くていけません。
反対に、料理にあった器を使い、盛り付けにまで気配りをしてある食事は、食欲をそそります。
高級旅館や料亭の和食を思い浮かべてみてください。
色とりどりの四季の食材を、適切な器に美しく盛り付けてありますよね。高級旅館や料亭でいただく和食は、まさに見た目がいい食事の見本なのです。

いずれにしても、食事は見た目も大切なのです。
特に大切な人においしく食べてほしいと思うのなら、見た目も気にして調理をしてください。
きっと笑顔で食べてくれることでしょう。だからと言って、味付けはどうでもいいと言っているわけではありません。
味がおいしいのは、基本の上でのお話であることをしっかり理解してください。
食事に気を配ることは、毎日の生活を充実させます。たかが食事と考えず、味・栄養価・見た目の3拍子が揃った食事を、ゆっくりとおいしくいただきましょう。

ハンバーグも同様で、見栄えに気を付けることが大切です。
たわら屋で販売しているハンバーグは素晴らしい素材を使っていますし、調理法も最高です。
盛り付けにも気を配ることで最高の食事が完成します。

 - たわら屋ブログ