和食のメリットと洋食のメリットについて

   

皆さんは、和食派でしょうか、それとも洋食派でしょうか。
和食と洋食、いずれにもメリットがあるのでどちらが絶対におすすめとは言えません。
どちらも、結局のところ美味しいものを食べることができれば満足ですからね。
では、今回は和食と洋食のメリットについて詳しくお話をしましょう。

まずは、和食ですね。和食は、何と言ってもヘルシーなことが大きな特徴です。
昔ながらの和食は、魚・野菜・穀物などのバランスがよく、栄養価が高いことがメリットです。
また、総カロリーを抑えることもできるので、基本的にはダイエットを希望する人におすすめでもあります。

また、和食中心の食生活を送っていると、季節の旬を味わうとができます。
魚や野菜の最も美味しい時期に味わうことができるのも、和食の醍醐味と言えるでしょう。
それに、和食なら年齢を問わずに幅広く好まれるため、家族全員で楽しむことができるのもメリットと言えるでしょう。

しかし、洋食にも大きなメリットがあります。
それは、気軽に食べることができるメニューが多く、タンパク質や炭水化物をたくさん摂ることができるという点です。
特に、育ち盛りの子どもがいる家庭では、洋食がとても重宝することでしょう。
また、洋食は、肉類をおいしく食べるためにも最も適しているとも言えます。
ステーキやハンバーグは、洋食でも定番の人気メニューですからね。

実際、洋食は口当たりがいいので若い人たちを中心に人気です。
また、パン食の人気が高まったのも、洋食人気を反映していると言えます。
ごはんを炊くのが面倒な人たちにも、洋食は人気です。
特に忙しい朝には、パンを中心とした洋食の方が楽に準備できますからね。

和食・洋食ともにメリットがあるため、できればどちらもまんべんなく取り入れることをおすすめします。
たとえば、メニューの中でもハンバーグは和食・洋食どちらにでもアレンジができるのでとても便利です。
和風ならおろしポン酢や、しょうゆベースのソースを使うと美味しくいただけます。
洋風ならば、定番のデミグラスソースのほかにも、チーズソースやトマトソース・ホワイトソースなどアレンジが豊富にあります。

それに、ハンバーグなら子どもからお年寄りまで食べやすいので好評です。
ハンバーグが嫌いな人はなかなか見つけることが難しいですからね。
いずれにしても、和食・洋食どちらでもメリットを生かして毎日の食卓に取り入れてみてください。
野菜を多めに摂るようにすれば、より栄養のバランスがよくなります。
和食・洋食のメリットを存分に堪能して、豊かな食生活を楽しみましょう。

もし本当に美味しいハンバーグを食べたいと思われた際には、たわら屋のものをおすすめします。

 - たわら屋ブログ