ハンバーグの魅力とは

   

日本人なら大人も子供も好きなのが、ハンバーグではないでしょうか。
レストランなどでも人気のメニューの一つになっていますし、家庭料理としても非常に人気があります。
もともとは西洋料理ですが、今となっては、そんな垣根を越えて日本に定着していると言っても過言ではないでしょう。
では、ここまで普及しているハンバーグの魅力とは何でしょうか。
ここでは、そんなみんな大好きハンバーグの魅力について、その歴史をひもときながら探究していきたいと思います。

そもそも、ハンバーグの成り立ちは、タルタルステーキだといわれています。
もともとモンゴル系の騎馬民族は、固い肉を食べやすくするために生肉を馬の鞍にはさみ、柔らかくして食したといいます。
ヨーロッパにもその風習が伝わり、生肉を柔らかくしたもの、あるいは細かく刻んで食べやすくしたものを「タタール人のステーキ」という意味で「タルタルステーキ」と名付けたようです。
今でもタルタルステーキは洋食店などで食べることができ、いわば洋風のユッケのような味わいを楽しむことができます。

しかしながらこうしたタルタルステーキは生肉の鮮度の問題もあり、また食べやすくするために火を通すことが考えられました。
これがハンバーグの始まりであり、最初に考案されたといわれるドイツの都市、「ハンブルグ」の名前をとり、ハンバーグステーキと呼ばれるようになったとのことです。
最初は保存性の向上や衛生面に気を遣っての調理法だったのかもしれませんが、挽肉を焼くことによってしみ出る肉汁など、思わぬ利点を生み出し、広く人口に膾炙するようになったとのことです。

このように広まったハンバーグがなぜ幅広い国で人気になっているのかというと、それはソースの多様性にあるのではないでしょうか。
うまいハンバーグは塩とこしょうだけで十分、という意見も十分に認められるのですが、やっぱりハンバーグには肉のうまみを引き立てるソースが欠かせません。
定番どころでいえばデミグラスソース、オニオンソースなどでしょう。
そのほか、イタリアン風ではトマトソースなどもありますし、インド風ならカレーソース、そして和風ならば大根おろしソースなど、その多様性がハンバーグを飽きさせない工夫なのです。

そのほかにも、目玉焼きやチーズなど、ハンバーグの上にのせるトッピングも、その味の多様性を確保するのに一役買っています。
このようにして、ただ一種類の味だけではなく、多くの味を楽しめる味覚の広がり、多様性こそ、いつまでも人気メニューとしてハンバーグが受け入れられている秘訣ではないでしょうか。
今晩のおかずに困ったら、肉汁タップリのハンバーグ、ぜひいかがですか?

 - たわら屋ブログ