ハンバーグサラダだと子どもでも気軽に野菜が食べられる?

      2016/06/14

子どもが嫌いな食べ物といえば、やはり野菜が思い浮かぶと思います。
健康的な食生活を送るためには野菜は欠かせない食材なのですが、どうしても苦手だという子どもは少なくありません。
トマトや玉ねぎなどは比較的食べられる子どもも多くいるのですが、例えばニンジンやピーマンなどを苦手とするケースは非常に多いようです。

今は大人になって野菜嫌いを克服したという方も小さい頃を思い出してください。
これらの野菜がとにかく嫌いだった…という方も凄く大勢いらっしゃるのではないでしょうか。

できれば野菜をしっかりと食べてほしい!と思うのは親であれば当たり前です。
しかしいくら工夫を重ねていても野菜嫌いを子どもが克服してくれるかはわかりません。

そんな時にはハンバーグサラダを作ってみることをおすすめします。
これはその名のとおりハンバーグとサラダを合体させたもので、子どもが食べられない野菜も含めたサラダを作り、その上にハンバーグをのせてソースをかけてサラダ仕立てにするというものです。
一見単純な作戦に思うかもしれませんが、大好きなハンバーグと一緒だと難なく食べられるということもあります。
それにハンバーグソースの濃い味のおかげで苦手な野菜の味を感じることなく、スムーズに食べられます。

こういった工夫をすることによって意外と克服してくれますし、これは子どもだけに有効な作戦ではありません。
大人になっても野菜が食べられないという方もいらっしゃいますが、こういった手法を用いることで野菜嫌いな自分から脱皮できるはずです。

その他にも自分でハンバーグを調理する際には、野菜をたっぷりと使用したハンバーグを作ることで、効果的に野菜を摂取させることもできます。
何かのきっかけを子どもに与えてあげることによって、今までは苦手で仕方がなかった野菜が大好きになることもあるみたいです。

特に高級ハンバーグギフト通販の専門店【たわら屋】で提供しているハンバーグですと、よりその効果も高まるのではないでしょうか。

 - たわら屋ブログ