美味しいハンバーグの特徴とは?

      2016/07/28

美味しいハンバーグの特徴はどんなものがあるでしょうか。
まず欠かせないのは柔らかさと食感です。
ただ柔らかいだけでは本物の肉の美味しさを実感することができません。
レトルトや冷凍食品のハンバーグを食べたことがある人はわかると思いますが、柔らかくても物足りない、正直肉を食べているという感覚が湧かないことはありませんか?
柔らかさと、口の中でとろけるようなまろやかさ、そして「食べている」という実感を湧かせてくれる食感が加わることでハンバーグの美味しさが引き立ちます。

そしてそのために必要なのが使う肉の挽き加減です。
機械でミンチにした合挽肉は焼くことで固くなることもあります。
合挽の場合牛が持っている最高の肉汁と旨味、そしてジューシーさが半減してしまい物足りないハンバーグになってしまうこともあります。
ですが自宅で牛ミンチだけを使用してハンバーグを作るとなぜか高くなってしまう・・・こんなことはありませんか?
これは使用している牛肉と、その仕込みの方法で随分変わってきます。

質の高い牛肉はそのまま焼いて食べるとか、しゃぶしゃぶやすき焼きに使用することが多く、ハンバーグにあまりイメージが湧かないかもしれません。
ですがハンバーグに高級牛肉を使用してみると、もう他のハンバーグは食べられないくらいその味と風味、食感に魅了されてしまいます。
美味しいハンバーグはやはり使っている原材料、そして仕込み方が違うのです。

それからソースですが、これは好みがありますが本当に質の高いハンバーグは、ソースがなくても最高の味を醸し出してくれます。
ハンバーグから出る肉汁こそが最高のソースとなり、普段使っているソースやケチャップなどは不要になってしまいます。

そして焼き具合も大きく味に影響します。
肉の旨味が最も引き出される焼き方で焼いたハンバーグは最高です。
専門店ではなくても、自宅でもこの味は引き出すことができますよ。

ハンバーグは小さなお子さんも大好きなメニューの一つで、レストランでも人気のメニューです。
このハンバーグをいつもとは違う、ちょっと手間をかけた特製のメイン料理にしてみませんか?
美味しいハンバーグは家族みんなを笑顔にしてくれます。

たわら屋のハンバーグがあれば、自宅が高級レストランに様変わりします。

 - たわら屋ブログ