ハンバーグの種類はとても多彩

   

ハンバーグは、子どもから大人まで幅広い層に人気のメニューです。
ハンバーグが嫌いという人は、周りを見渡してもなかなか見つけることができませんよね。
もはや、ハンバーグは私たち日本人にとって無くてはならないものになっているのです。
さて、子どもから大人まで多くの人を虜にするハンバーグには、実に多くの種類があります。
今回は、ハンバーグの種類の多彩さについてお話をすることにしましょう。

まずは、王道のシンプルなハンバーグ。ひき肉と玉ねぎ、パン粉などで作られたハンバーグは、何よりもその柔らかさとジューシーさが魅力です。
シンプルな味付けのハンバーグは、どんなソースとも相性がぴったりなのも人気の秘密と言えますよね。
たとえば、デミグラスソース・トマトソース・ホワイトソース、もちろん、和風オニオンソースも忘れてはいけません。
ソースを変更すれば、無限にレパートリーが広がって毎日食べても飽きないほどです。

それに、トッピングや付け合わせを加えると、たまりません。
相性のいいチーズやキノコ類、目玉焼きやベーコンをトッピングすることで、見た目にも豪華な一皿になります。
また、付け合わせにたっぷりの野菜を添えれば、野菜嫌いの子どもも喜んで食べてくれることでしょう。ハンバーグには、それだけの魔力があるのです。

ハンバーグは、パンにはさむことでハンバーグサンドになったり、ハンバーガーになったりします。
特に、ハンバーガーは全世界で大人気であることもご存じでしょう。
忙しいときでも片手で気軽に食べることができるため、世界中でハンバーガーショップが大繁盛しています。
日本にも、いくつかの有名チェーン店が全国どこにでもあるぐらいです。

さて、ハンバーグは焼いた状態だけでなく、煮込むことでまた違った味わいを楽しむことができます。
冬に特に人気のある煮込みハンバーグは、とろとろになったソースとハンバーグが、ご飯にとても合います。
冷え切った体を温めるのなら、やはり煮込みハンバーグに勝るものは無いでしょう。

でも、基本として忘れてはいけないのが、ハンバーグの質にこだわることです。
たとえば、素材からこだわって丁寧に作ったハンバーグは、何もソースを付けない状態でも問題ありません。
むしろ、シンプルな状態だからこそ極上の旨みが際立つと言えるでしょう。
さまざまな種類があるハンバーグですが、一度は極上のレベルのものをじっくり味わいたいものです。
ハンバーグ好きなら、きっとほっぺが落ちてしまいそうになることでしょうね。
多彩な種類があるハンバーグ、皆さんもいろいろなハンバーグをもっと楽しんでみてください。

 - たわら屋ブログ