家庭でおいしいハンバーグを作るためのコツ

   

premium_sirloin_image_01
多くの方が大好きなハンバーグ。
外出先で食べることもあれば、自宅で家族そろって楽しく食べるということもあるでしょう。
他の食事とは違ってかしこまって食べる必要はありませんし、楽な気持ちで食事に臨めます。
牛肉や豚肉などが使用されていて、「肉」を堪能することが可能でしょう。

そんなハンバーグですが、自宅で作ると毎回同じような味だ・・・
外出先のお店で食べる味とは違う・・・
と感じることも多いのではないでしょうか。

本当は牛肉のみを使って調理をしても美味しいのですが、家庭のハンバーグといえば合い挽きが定番ですよね。
理想は牛7対豚3の組み合わせがベストだとされていて、これによってうま味を感じやすくなります。
基本的には、スーパーなどで合い挽き肉を買うと7対3くらいの割合で作られています。

ハンバーグといえば香辛料も必要不可欠な存在ですが、忘れてほしくないのがナツメグです。
これを入れないとせっかく理想的なハンバーグを調理したとしても、一口口の中にいれると生臭さを感じるかもしれません。
こういった状況を防ぐためにもナツメグは必要で、この香辛料によって素敵な味を実現させられます。

プロらしさを出したいのであれば、お店で配られている牛脂を活用してください。
これを切り刻んでハンバーグのタネに混ぜてください。
すると多くの人が大好きであろう、とてもジューシーなハンバーグが出来上がります。

そしてタネを手で混ぜるときには、手のひら全体を使うのではなくて、指の先のほうだけを使いたいです。
それによって必要以上の脂を溶かすことなく美味しく作ることが可能になります。

このように少し工夫をするだけでも、かなりおいしいハンバーグに大変身します。
家庭の味でもあるハンバーグをプロの味に近づけましょう。

よりプロの味を堪能されたいという場合には、たわら屋で販売している商品をお試しください。
恐らく今までにないような特別感のある味わいだと思います。

 - たわら屋ブログ