ハンバーグにお酒は合う?

   

ローストビーフをはじめとした牛肉料理にはお酒が合いますが、ハンバーグにはあまり合わない・・・と言われることも多々あります。
実はこれは間違いでして、ハンバーグにも合うお酒はたくさん存在しています。

なぜハンバーグとお酒が合わないと言われていたかと言うと、理由は様々想像できますが、中でも大きいのが、ハンバーグは子供も大好きで、さらに家族みんなで食べるという意識が強いからでしょう。
お酒を飲みながら食べるのではなく、家族みんなで白ご飯とともにハンバーグを食べるというのが、今の日本における現状でしょう。

実際のハンバーグはどのようなお酒に合うのかと言うと、まずはワインが挙げられます。
ワインと共にハンバーグを楽しむことによって、よりおしゃれな雰囲気で食すことができ、ゆったりとした時間を過ごせるはずです。

ワインには赤ワインと白ワインがあり、洋風ソースを使用した場合は赤ワインが、和風ソースの場合は白ワインを飲むという方も多いです。
食べ物とお酒の関係性は結局のところそれぞれの人の好みによるので、自分で色々と組み合わせて試してみてはいかがでしょうか。

お酒と共にハンバーグを楽しむというのは良い方法ですが、ハンバーグのたねの中にワインを入れたり、ソース作りの際にワインを用いるというのもオススメです。

ワインの他には、ハンバーグを食べながらビールをごくごくと豪快に飲むというのも良いでしょう。
ビールとハンバーグの組み合わせ、そして大好きなテレビ番組を見るというのは、この上ない幸せを感じることができそうです。

お酒のおつまみとしてハンバーグを食べるというのは決して悪いことではありませんし、贅沢な気分に浸ることができます。
特にたわら屋で販売している商品であれば、間違いなくワインなどのお酒にぴったりです。

人それぞれ楽しみ方は異なりますから一概に言い切ることはできませんが、基本的にお酒というのは様々なものに合うのです。

 - たわら屋ブログ