上質なものを食すことで人間的な経験値を上げることができる

   

annoimo_2set
皆さんは普段どのようなものを食べていますか?
人それぞれ食の好みも違いますし、自炊の有無や収入、家族構成など様々な影響があることから、普段食べているものは人によって大きく異なります。
あまり食にこだわりがないという方も多いのではないでしょうか?

私達が生きる上で欠かせないのが食事です。
食事からエネルギーと栄養を摂取しなければ生きていくことはできません。
これは当たり前のことであり、誰もが理解していることだと思います。

しかし、ただ生きるためだけにものを食べるのでしょうか。
特にこだわりが無い方、食に興味関心が無い方の中には、食事は生きるためだけのもの、と考えている方もいらっしゃると思います。
確かに食事で最低限のエネルギーを取り、必要に応じて栄養を補給していけば、生きる上に何ら支障はありません。

でも、世の中には数え切れないほどの食材が存在し、そしてそれを利用した料理があります。
私たちに身近な和食のみに限っても、味噌汁やおひたし、焼き魚に煮魚、そして野菜の煮物…と、非常に多くの料理が存在します。
いずれも食材を用意し、料理すれば作ることができますが、ただ作って食べるだけで良いとは言い切れないのです。

人間は食を通じて様々なことを学べます。
食育という言葉があるように、子供にとっても食事は非常に大切な意味を持ちます。
ただし、単に食べることを意識するだけではなく、より良いものを食べることが重要なのです。

上質なものは食べる人を幸せにするだけではなく、心を豊かにしてくれます。
例えば普段500円のハンバーグを食べている方が、少し奮発して3,000円のハンバーグを食べたらどうでしょうか?
今まで食べたことがない肉の柔らかさや肉の甘みを感じることができるでしょう。
同じ食材のカテゴリであっても、手間暇かけて作られた質が良いものは値段が高いですが、より豊かな味わいを堪能できます。

人によっては、ハンバーグに対する考え方そのものが変わってしまうことでしょう。
食事はそれだけ人に大きな影響を与え、豊かにしてくれるのです。

もちろん毎日質が良いものを食べ続けることは難しいでしょう。
逆に舌が肥えてしまい、食事の楽しみすら奪われる可能性もあります。

このため上質なものは特別な日に食べることが望ましいと言えます。
例えば給料日や誕生日、記念日などに少し奮発して高いものを食べると良いでしょう。

普段より良いものを食べることで幸せになったり、豊かな生活を送れるようになります。
食にこだわりがない方も、時々グルメを楽しんでみてはいかがですか?

 - たわら屋ブログ